脳髄日和
てらっち的ポエム、あるいはエッセイ。
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

teracchi

Author:teracchi
リア充撲滅委員会・会員No.072
てらっちです。

リンク
ブロとも申請フォーム

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『蝉野郎』

僕を見て 僕を見て
みんみんみんみん

僕を見て 僕を見て
みんみんみんみん

僕を見て 僕を見て
みんみんみんみん

僕を見て 僕を見て
みんみんみんみん

うっとうしい、蝉みたいな君



『銀幕を焼き捨てよ、街へ出よう』

遠く離れた空の下 名前も知らない君と僕
夕焼け雲を眺めては 途方に暮れてた十七歳

大空みたいに果てしない 未来に押し潰されそうで
いつかは雲を掴めると 信じたくてもできなくて

不安に揺れる僕たちの 心と心の周波数
奇跡みたいに引き合って 想いを送った未来が届いた

ありきたりな言葉だけれど 胸に刻んで忘れない
二人を繋ぐ合い言葉 『大志を抱け』って叫ぶんだ

そんな、気休めみたいな物語



あの頃俺は走ってた 誰もが通った黄金道
怒れる無法の反逆者 触れるもの皆傷つけた

あの頃俺は走ってた いつか行く道いつか来た道
野良犬みたいなヒッピーで 自由の匂いを嗅ぎ回り

あの頃俺は走ってた もう戻れない一本道
スイカみたいに青臭く チェリーみたいにちっぽけな

あの頃俺は走ってた 青春時代の通過儀礼
世間の波に飲み込まれ 今では立派な社会人

そんな、気休めみたいな物語



なんてことない春の日に なんてことなく巡り会い
なんてことない私たち なんてことなく好き合った

なんてことない夏の日に なんてことない木の下で
なんてことない私たち なんて素敵な赤い糸

遠い記憶のいつの日か 二人で植えた苗木の下で
遠い未来に思いを馳せて 二人で描いた夏ツバキ

あなたは白馬の王子様 ガラスの靴は夏ツバキ
私は夢のシンデレラ これを運命って言うんだね

そんな、気休めみたいな嘘っぱち 



生まれた時から出来そこない 親父の精子の残りカス
なにをやっても落ちこぼれ 常にビリケツみそっカス

馬鹿にされても構わない それでもオレには夢がある
馬鹿なオレにもたった一つ 誰にも負けないものがある

学歴資格高収入 そんな物には興味ねえ
才学非凡有智高才 そんな者には成りたくねえ

己が身一つで故郷をおん出て 転がり込んだは六畳二間
映画博徒の看板背負って 歩いてみせますシネマの天地

そんな、気休めみたいなクソ映画
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://uncofilms.blog22.fc2.com/tb.php/6-192e58af
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。